スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ミシュク・ピアノ・コンサート

ロシアのピアニスト、ウラジミール・ミシュクのコンサートが地元であったので行ってきました。
ちなみに、先日のピアノのお稽古で先生に言うと、ミシュクのことは知りませんでした。
有名じゃないんだろうな。
私も初めて聞いたんだし・・・っていうより何よりチケットが安すぎるんだもん!
3500円ですよ!
そして、演目がミーハー過ぎるんだもの!(笑)
まぁ、誰もが知っている有名な曲を演奏した方が、名前が売れていない演奏家なら集客率は上がるだろう。
これで、プロコフィエフだけの演目だったら、半分も席は埋まるまい・・・。

さて、15分前に会場に到着して席に着くと、隣のオバサンがしきりに扇子であおいでいた。
私の方にも風が来て、涼しい~(^^)と思っていたら、急に止まった。
オバサン、寝ている!
そして、演奏が始まっても寝ている!
が、拍手の時に目が覚めて拍手している!
が、次の曲が始まると寝ている!(笑)
そして、休憩時間にアンケート用紙の「演奏はどうでしたか?A:大変よかった」のAに○をしている!
全然聞いてないくせに~!(笑)
で、休憩時間にミシュクのCDを買ったようだ!
コンサートじゃなくて新星堂に行った方が良かったのでは・・・?(笑)

さて、最初の曲がベートーヴェンの月光だ。
これは、私が第一楽章だけ弾けるようになった曲だ。
そうでなくても、高校生の時に初めてホロヴィッツの月光のLPを買ってから、色々なピアニストの月光も聞いたし、何百回も聞いている。
その月光なんだけど・・・。
ちが~う!これは月光じゃない~(T.T)
ミシュクはすごいアレンジャーだ。
音符の長さなんて関係ない。
もうあそこまで行くと、ジャズとか演歌くらいな感じだ。
ホロヴィッツもビックリの色のつけすぎだ・・・。
しかも、第三楽章は音が反響し過ぎているのか重なりすぎちゃってグチャグチャモワモワだ。
去年は「月光」じゃなくて「悲愴」をやったらしいけど、想像できる・・・。
私個人的には「悲愴」の方が好きなので、今年が「悲愴」じゃなくて良かったと言うべきか・・・。

そして、ドビッシー、シューマン、リスト、ショパンと続くわけですが、ショパンが一番しっくりきてたかな?
ミシュクさんはショパン弾きなのかな?

まあ、値段通りの演奏会だったと思う。
今度は一流のピアニストの演奏会に是非行ってみたい!
お金貯めよ~(^^)
スポンサーサイト
18 : 54 : 38 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年の夏っていつから? | ホーム | 高速道路の乗り方>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。