スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

あけましておめでとうございます




あけましておめでとうございます。
一昨日は習字の反故紙と、緑色の封筒(うちに来たやつ)をミックスして紙を漉き、今回は糊を入れずにやってみました。
窓に貼り付けたわけですが、翌日の朝見てみると半乾き。
今日は完全に乾く前に剥がしてみるか?と、剥がして新聞紙の上に置いて自然乾燥。
しかし、なかなか乾かないわ~。
1枚だけ窓に貼り付けて完全乾燥までやったけど、糊を入れていなくてもやっぱりカスはつくわね(^_^;
今度からは糊は入れてみるわ。

さて、そうして出来上がった今回の紙ですが、ちょっと慣れたせいかまぁまぁ綺麗にできました。
均等に漉けたというか、今までのは、薄いところが破けたりしてたんだけど、今回のはそんなことも無かったし。

しかし!
こうやって楽しいからって毎日毎日、たとえ数枚づつだと言っても、作り続けていて、いったいその紙をどうするんだ?
ハガキにするって言ったって、出す人もいないぞ~(^_^;

ということで、絵手紙を書いてみました。
といっても、水彩絵の具ですが(^_^;
紙の凸凹がいい感じ?

さて、残りの紙はどうする?(笑)
スポンサーサイト
23 : 35 : 33 | 紙漉き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

紙漉き

ある本を読んでいたら、牛乳パックや新聞紙、習字の反故紙などから再生紙をつくるというのが載っていた。
うんうん、昔、10年ぐらい前だったかな?子供用のおもちゃでそういうのあったよね?
ミキサー付きで。
欲しいな~と思ったことがあったな~。
この本に載っているのもミキサーを使うんだけど、うちにあるわ!ず~っと使っていないミキサーが!
ということで、習字の反故紙と、マンションの回覧で入っていた色つきコピー紙(水色)を使って作ってみました。
それがこれ!↓




昔、駄菓子屋で、こういうせんべいあったよね?海老風味だったっけ?
漉き枠が無かったので、適当に形を作ったらこんな丸になってしまいました(笑)

水切りが大変だったのと、乾かすのも大変。
半乾きになったらアイロンをあてるって書いてあったけど、いつになったら半乾きになるんだぁ!
早く出来上がりが見たいぞ~!
と、1時間後に、まったく乾いていない状態でアイロンをかけました(笑)
乾いていないんだから、時間がかかるかかる・・・。
アイロンは電気代かかるし、これでエコになるんだろうか?(笑)
そして縁を切ってハガキ大にしてみました。




う~ん、味がないなぁ(^_^;
やっぱり、耳(へろへろの縁のことをそういうらしい)がある方が「手漉き」って感じがしていいよねぇ~。
漉き枠があった方がいいのかなぁ?
と、翌日写真フレームを利用して再度チャレンジ。

習字の反故紙とオレンジ色の包装紙(とっておいたやつ)を混ぜてみました。
それがこれ!↓




習字の紙と包装紙だと、硬さが違うから、包装紙があまり溶けなくて砕けなくて、ポツポツのアクセントとなって、面白い感じになりました。
形もまぁまぁかな。

今回は窓に貼り付けて乾かすというのを、やってみました。
昨日貼り付けて、今日剥がすと、1日かけましたが、乾きすぎていたというか何というか・・・。
窓に張り付きすぎた~(T.T)
剥がしたら窓にカス(?)少しついちゃったよ~。
それに、薄い部分が剥がすときに少し切れた(^_^;

ミキサーにかけるときに糊を入れたんだけど、これが余計にくっつく原因になったかも?
糊って入れなくてもいいのかなぁ?
今日は入れないでやってみるか?

しばらく紙漉にはまりそうです(*^_^*)

15 : 55 : 37 | 紙漉き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。